女性

コレステロールを下げるための食事|命の次に大事な健康

健康的な食を意識

お腹とメジャー

魚の油を摂取

コレステロールは中性脂肪同様、体内に存在する脂質であり、コレステロール値が高くなることで様々な病気やシンドロームなどを引き起こすキッカケとなるため、下げるための食事を意識する必要があります。一般的に下げる効果が期待されているのが、サバや鯵などの青魚に含まれる油で、魅力的なのは体内で脳にも働きかけるDHAにも変換される点です。EPAと分子構造が類似しているため、コレステロール値の低下のみならず中性脂肪にも働きかけます。近年、青魚への関心も高まり、外食でも専門店が展開されるほどで、食事でも摂り入れやすい環境が展開されています。生の状態となる刺身で成分の吸収を高めることが大切で、煮る・焼くことで2割程度の成分が流出してしまうため、調理では油までがしっかり摂取できるよう、煮こごりなどで余すことなく補うことも大切です。

苦手な魚や油の取り入れ方

約60兆個もの細胞で体は作られ、コレステロールはその細胞の膜を構成する働きを担っています。しかしながら、悪玉コレステロールが増えることで血液が滞るなど、心筋梗塞やメタボリックシンドロームなどの生活習慣病を招くリスクが高まります。こうしたリスクの予防や改善に効果を発揮するのがEPAで、血小板凝集抑制効果があります。赤血球の変形が変わらずに滞ることがリスクに繋がるため、細胞膜を柔らかくし、スムーズに赤血球を流す働きが挙げられています。コレステロールを下げる食事としては早食いは厳禁で、さらに摂取する油に着目したい内容です。青魚の油であるEPAのみならず、えごま油や亜麻仁油などにも下げる効果が期待できますが、欧米化された食事で利用されやすいバターやラードなどの動物性脂質は中性脂肪やコレステロールを増加させやすくなります。そのため、オメガ3となる健康油の摂取が必要です。生の刺身にえごま油などをコーティングする一工夫で円やかな味へ変化するため、青魚を苦手とする場合に利用したいテクニックです。

その成分と含まれる食材

夫婦

サポニンという成分は血行促進や免疫力向上効果などさまざまな身体に良い効果を引き出していきます。高麗人参に含まれていることで知られていますが、実はヘチマにも含まれる成分で、美容として使われるほかヘチマを実際に食して摂取する人もいます。

もっと読む

蜂ヤニの持つ高栄養価

蜂蜜

強力な殺菌作用や消毒効果を持つプロポリス原液は、体が弱っているときや空腹時は副作用が出やすいので注意をします。プロポリスは蜂ヤニを原料としたものです。蜂ヤニは高栄養価で、天然の抗生物質と言われるほどの様々な人体に良い作用をもたらすのが特徴です。

もっと読む

野菜が大切

カップを持つ婦人

冷え性の予防に効果的とされる野菜は、1日に300グラム摂取するべきだと言われています。毎日大量に摂取する難しいので、健康食品で必要な栄養素を補うようにしましょう。また、ストレス性の冷え症の人は、パントテン酸が不足しないように気をつけることです。

もっと読む